止めるべき危ない美白ケア

シミは、痛みもかゆみも伴いません。そのため、我流のケアをしてしまいがちです。ですが、その安易な我流のケアが、シミをもっとひどくしてしまうことになるのです。

その筆頭が、食品を使ったケアです。ヨーグルト、小麦粉と蜂蜜、キュウリ、レモンのパックが有名です。理論上は、あながち間違いではないのです。本当にシミにいいこともあります。でも、アレルギーの問題があるのできちんと調べましょう。特にレモン等の果皮には光毒性と言って紫外線で肌に刺激が来てしまう成分が入っています。柑橘系全般の特徴です。
また、絶対に手を出してはいけないのは本当は医薬品であるものです。よくエストロゲンが肌の保護にいいと聞くとホルモン剤を安易に使ってしまう方がいます。でも、これは却ってシミを増やすことにもつながりますし、筋力の低下、胸の張りなどの問題も生じます。特に男性は女性化乳房と言って胸が膨らむこともあります。
私達の肉体は確かに、一定の秩序をもって肌の細胞の入れ替わりなどが起きます。ですが、今シミが出て辛いので早く解決しようとあちこちの化粧品等に手を出すと、肌だけではなく健康も損なってしまうことがあります。インターネットはデマが混ざっていることが多いですし、掲示板の投稿者は殆ど素人です。もし医学関係の方がいても見て触れないと、シミの原因と対処法は判断できません。安易に曖昧な情報に手を出すとしっぺ返しがきますので上手く情報と付き合ってシミ対策をしましょう。
今ではネットで気になる化粧品の効果や口コミなどを検索してから購入できるのでちょっとは安心ですよね。新発売というCMとかみて購入したものの1日2日で肌が荒れてしまったということもある程度は防ぐことができます。
肌荒れは直ったところがあとになりシミになったり、しわになったりしますから、そうならないように気を付けたいものですね。