美白に漢方薬も役に立つ

ホルモンバランスや内臓機能の乱れでできたシミには漢方薬が有効なこともあります。病院で処方してもらうこともできますし、漢方医につくってもらうこともできますよ。

中医学、漢方の源の医学は、西洋医学と違って肉体の状態も回復させていくことです。西洋医学の治療の方が、効果は早く出ますが、漢方薬は体質自体を変えてシミができにくくなるようにしてくれます。特に婦人科疾患や不規則な生活によってできたシミは少し時間がかかりますが、色素を抜くことは可能だと言われています。後はアレルギーも改善しやすいです。ステロイド剤やレーザー治療は刺激が強いのです。
ポイントは同じシミでも、人によって合う薬が違うことです。冷えて血行が良くないので、肌の細胞が交代しない場合は温めていくものを使います。逆に本当は出さないといけないものが原因で解毒ができない場合は排出するものが処方されるのです。詳細は専門家に聞いた方がいいでしょう。体力がある人は実証、無い方は虚証、中間の体力は中間証と言います。他にもややこしいものが多いので詳細は医師や薬剤師に聞くといいでしょう。化粧品なども漢方系でシミ対策のものも多いです。ただ自分の肌や体質に合ったものを選択した方がいいでしょう。生薬にも色々な種類がありますので。
漢方薬は西洋薬ほど副作用がないと言われますが副作用は出ることもあります。特に飲みはじめは、胃のむかつき等出やすいので、困った時は専門家に相談してください。
副作用がないといわれている漢方薬ですが、体質に合わない場合は乱用すると大変な目にあいます。証(しょう)というものがあっていないと、たとえ症状は同じでも処方される成分が違ってきます。例えば大量のある人用とか、体力がない人向け、色白な人向けです。ちゃんとした知識を持っているお医者さんか方術薬局で処方してもらいましょう。